KYOTO TAKAOSAN JINGOJI
Sorry, Japanese only.
ゆいせき
弘法大師霊場  遺迹本山
高雄山 高雄山神護寺
高雄山神護寺


□ 新刊情報
・『高雄山神護寺文書集成』が思文閣出版から出版されました。

 →思文閣出版の書籍詳細のページ

・『ほっとする空海の言葉』が二玄社から2011年に出版されました。

文 安元剛  書 谷内弘照
 →二玄社の書籍詳細のページ

・『新版 古寺巡礼 京都 第15巻 神護寺』が淡交社から2007年に出版されました。
 →淡交社の書籍詳細のページ

□ 第四回 神護寺茶会
 新天皇がご即位され、元号も平成から令和と改められ、新しい時代の幕開けとなりました。また本年は、神護寺の開山和気清麻呂公による宇佐八幡ご神託奏上から1250年。
 今回はこれらを記念して、神護寺所蔵の僧形八幡像(国指定重要文化財)と後宇多天皇の宸翰(国指定重要文化財)を特別公開いたします。
 この機会にぜひご来山下さいますように、ご案内申し上げます。
と き令和元年10月27日(日)午前9時〜午後2時
ところ高雄山神護寺
集合場所もみぢ家本館(高雄バス停付近)
席 主濃茶席:方圓庵 金澤宗維
薄茶席:北村美術館
点 心嵐山吉兆調整
募集人数300名(先着順)
参加費25,000円
交通案内:
 JR二条駅西口からもみぢ家までの、無料送迎バスを定時運行します。
 もみぢ家から神護寺楼門まではシャトルバスをご利用下さい。
※神護寺に駐車場はございません。
 無料送迎バスは午前8時30分から30分おきに午前10時30分までの予定です。
 帰りの無料送迎バスもご用意致します。
申込方法:
 はがきに、
 ・代表者氏名
 ・住所
 ・電話番号
 ・参加希望人数
 ・JR二条駅送迎バス希望の有無
 を記入し、下記申込先まで郵送してください。
申込〆切本年9月30日必着
申込先〒616−8292
 京都市右京区梅ヶ畑高雄町5
 神護寺内 神護寺茶会事務局
電話 075−861−1769

□ 神護寺開山 和氣清麻呂公追善法要
日時:令和元年11月4日(月)午後1時10分より
場所:神護寺金堂にて
◎法要はご自由に参列いただけます。
◆記念講演会◆
日時:法要後、午後2時より約60分
場所:神護寺金堂にて
講師:京都産業大学名誉教授 所 功
 
演題:「和氣公に学ぶ皇位継承への取り組み」
※聴講無料(境内通常拝観料600円が必要です)
※要参加申し込み。参加申し込みはこちらの入力フォームか、ファックスにてお申し込みください。
 (先着150名様)
【講演者略歴】
 1941年、岐阜県生れ。
 名古屋大学・同大学院修士課程卒。法学博士。
 京都産業大学名誉教授、皇學館大学特別招聘教授など。
 主な著書に『京都の三大祭』(角川ソフィア文庫)、
 『歴代天皇の実像』(モラロジー研究所)、
 『天皇のまつりごと』(NHK新書)、
 共著『皇位継承』『元号』(共に文春新書)、
 編著『皇室事典』(角川学芸出版)、
 『近代大礼関係の基本史料集成』(国書刊行会)など著書多数。

□ 多宝塔特別拝観 五大虚空蔵菩薩像
2019年秋季御開帳 10月12日(土)〜10月14日(月・祝)
拝観時間 10:00〜15:00
拝観料 500円(通常拝観料600円が別途必要)

 くわしくはかわらけ日記をご覧ください。

□ 大師堂特別拝観 板彫弘法大師像
御開帳  11月1日(金)〜11月7日(木)
拝観時間 9:00〜16:00
拝観料  500円(境内通常拝観料600円別途必要)


□ 宝物虫払い行事
国宝 源頼朝像、平重盛像、釈迦如来像、潅頂暦名ほかを展示
5月1日〜5月5日(9:00〜16:00) 神護寺書院にて
拝観料800円
書院の石庭「灌頂の庭」の公開
茶室「了々軒」にて呈茶(有料)


□ 明王堂の護摩ご祈祷の日程
本尊の不動明王(平安中期)を公開
初大護摩供 1月2日
施餓鬼護摩供 8月16日
2月から7月と9月から12月は第二日曜日
 午後2時より
(日時は都合により変更する場合があります)
※添え護摩ご祈祷は金堂にて受け付けております。


観光情報
 かわらけ日記をご覧ください。

□ 拝観時間
  9:00〜16:00 年中無休

□ 拝観料金
 一 般  団体割引
(30名以上)
 障害者 
大 人 600円 500円 300円
大学生 600円 500円 300円
高校生 600円 400円 300円
中学生 600円 400円 300円
小学生 300円 200円 200円

□ お問い合わせ・連絡先
 〒616-8292 京都市右京区梅ヶ畑高雄町5番地
                神護寺
 電話 075-861-1769   ファックス 075-862-0354

COPYRIGHT(C) BY 神護寺 ALL RIGHTS RESERVED.